タイトルをタップすると説明が表示されます。

永代供養塔 蓮光のご利用法について

諸事情でお困りの方に代わり、お寺が永代にわたって供養と管理を承ります。

  • 将来お墓まいりをしてくれる人がいない。
  • 自分の子供にお墓ことで負担を掛けたくない
  • 生前に申し込みができるので、死後の心配事を解消しておきたい
  • 宗派や宗教に頼りたくない
  • 遠方へのお墓参りが負担であり、近くのお寺に変えたい
永代供養塔 蓮光のご利用法について

永代供養塔 蓮光

お釈迦さまの座っている蓮華座にあやかって“蓮光”と名付けられました。

納骨方法

永大供養塔内の納骨堂に、骨箱(骨壷)似て一定期間(十三回忌を目安)安置・納骨し、その後は合祀(お骨を出して土に返す合葬)されます。

永代供養塔 蓮光

釈迦如来台座下の納骨室内

永代供養料について

  • 一霊につき 50万円
  • ご夫婦で生前お申込みの場合 80万円
    ※以後の維持管理料は一切かかりません

先祖代々のお骨をすべて納骨する場合例

  • 一定期間、骨壺で安置をお望みの時 骨壺等の数x50万円
  • 直接合祀(合同埋骨)で構わない時 50万円
    ※上記は目安ですので詳細はご相談ください。

その他の詳細及び補足

供養料に含まれるもの

  • 納骨の際の回向料(読経料)
  • 納骨にかかる手数料
    ※ただし、改装の際にかかる諸経費や骨壺代などは含まれません。
    お付き合いのある墓石店とご相談ください。
  • 毎年、春彼岸、お盆、秋彼岸、開山忌法要の年4回の「合同供養」を永代に執り行います。
  • 墓石版への刻字料(戒名、俗名、命日、享年または~家千先祖代々など)
  • 墓所の清掃、管理全般

※葬儀、戒名授与、命日の回向は含まれません。
それらもご希望の方は別にご相談ください。

利用資格とお申込み方法

それまでの宗旨・宗派は問いません。
当山の檀家以外でも構いません。
葬儀まではこれまでの菩提寺で行ってきてください。
すでに納骨されている方の改装も受付いたします。

下記2点、ご了承ください。

  1. これまでの菩提寺に当山に納骨する許可をいただくこと
    ※菩提寺の檀家をやめる必要はありません。
  2. 納骨の際の供養法は時宗の方式となること
    ※時宗の法式は「南無阿弥陀仏」のお念仏を唱えます。
  • 「永代供養規定」を承認の上、お申込みいただき、供養料を納付して利用許可となります。
  • 供養料は一括納付のみです。
    ※分割納付はお断りしております。
  • 納骨後の供養料の払い戻しは致しかねます。

永代供養規定

  1. 契約は当寺規定の申込用紙に署名捺印し、別に定める永代供養料を添えて申し込みください。
  2. 事情により契約を解除しても永代供養料は還付しません。
  3. 当寺は納骨後、永代過去帳に戒名・俗名・没年月日・享年を記帳し、また墓石版にも同様に刻字して、永代供養塔の左右に設置します。また毎年4回の合同供養(春彼岸・お盆・秋彼岸・開山忌)を当寺が続く限り、永代にわたってご供養いたします。
  4. ご遺骨は、当寺及び永代供養申込者と合意の上、永代供養塔内納骨堂に安置、もしくは合祀埋葬いたします。改装、分骨などのご遺骨の返還は、いかなる理由があっても返還できません。
  5. 本規定になり事情は墓地管理者である当寺の住職の判断とします。